二世帯住宅づくりのポイント

これからの二世昔住宅づくりをお考えの人は生活時問をすべて共有するという考え方よりも、親世帯、子世帯それぞれの自主性を尊重し、気配を感じながら暮らすスタイルが望ましいでしょう。 1つ屋根の下で親子、孫の3世代が暮らす喜びやメリットを十分にいかしながらなかよく暮らせる住まいを考えてください。